フェイクグリーンのメリット

フェイクグリーンは生木とは違い管理負担が少なく虫やカビの発生も無い為、衛生面に配慮する必要のある場所へもご利用いただけます。

自由度の高い素材も多くイメージに近いフォルムを実現できることからデザイン性を重要視する企業のエントランスホール、ホテルロビー、TVセットに用いられた空間を多く見かけるようになりました。もちろん以前のような造花感の強い製品も少なくなり、より本物に近づけるよう製作された葉材や材質の異なる素材で作られた造花が流通し始めたこともあり、空間デザインを重視するインテリア関連のデザイナーさんや、建築設計事務所の建築士の方が図面やプレゼンテーション資料に取り入れられるようになりました。